ハロー・ミュージカル!プロジェクト

TOPミュージカル・アカデミーworkshop

ミュージカル 『この森で、天使はバスを降りた』

ポスター画像

この公演はミュージカルの魅力を沢山の方に知っていただくための特別企画です。
とても良く練り上げられた脚本。記憶の奥底に触れるような音楽。間近でみる俳優の演技と歌。
映画やTVドラマでは味わえない、舞台ならではの感動を体験してください。

物語

ひとりの女性が罪を償い、仮釈放の身となった。彼女の名はパーシー(若井久美子)。新天地を求めて刑務所内で手に入れた昔の旅行ガイドを頼りに、ギリアドという田舎町にたどり着く。かつてこの町は採石場として活気もあったが、今はその面影はない。ただ、どこまでも続く山並み、深い森に恵まれている。パーシーはこの景色にどこか惹かれるものがあったのだ。

彼女は町の保安官ジョー(田中秀哉)の手配で、ハンナ(遠藤園)がひとりで切り盛りする『スピットファイヤー食堂』に住み込みで働くことになる。ハンナの甥っ子ケイレブ(遠藤典史)と、町一番の噂話好きエフィ(須藤香菜)は、パーシーを敵視し、よそ者扱いする。パーシーは挑発的に、自分が5年間刑務所にいたことを皆に聞こえるようにエフィに言う。言いたいことを勝手に言えばいいと。パーシーをただ一人受け入れるシェルビー(木村帆香)は、夫のケイレブに隷属していて言いたいことも言えない。パーシーは食堂に住み込むうちに、ハンナの不審な行動と、深夜に出没する訪問者(小倉卓)の存在を知る。パーシーはハンナが食堂を手放したがっていることをシェルビーから聞き、一口100ドルの作文コンテストを新聞広告に載せて、一番良い作文を書いた人に食堂をプレゼントすることを提案する。ハンナの持病を心配するシェルビーは、自分の意志で食堂を手伝い始める。

パーシーの飾らない性格と純真な心は、ハンナとシェルビーにとってかけがえのないものになっていた。3人は心を通わせ合うが、ハンナにはかつて町の英雄で今は行方の知れない愛息イーライのことで秘密を抱えていた。シェルビーは自分の意志に目覚めるが、結果従順を求める夫との間に亀裂が生じ始める。そしてパーシーは、自分が犯した罪と忘れることの出来ない、あまりにも悲しい過去を語り始める。四季は一巡りし、広大な森は黄金に色づき始める。美しい自然に抱かれて、そこに住む人々とギリアドの町に、再生の時が近づいていた...。

舞台写真

出演

若井久美子/遠藤 園/木村帆香/須藤香菜/田中秀哉/遠藤典史/小倉 卓/
江見ひかる/大中ゆかり/齋田莉華/深谷貴子

スタッフ

演出・台本:木内宏昌
音楽監督・ピアノ演奏:松崎裕佳/美術:深瀬元喜/衣裳:コダン/
照明:津久井修一/音響:本間俊哉/舞台監督:尾中裕之・木川達也

日時・会場

【富山】2014年1月25日(土)18:00~/26日(日)14:00~
 富山県高岡文化ホール 小ホール(富山県高岡市中川園町13-1)

【山梨】2014年2月1日(土)17:00~
 コラニー文化ホール 大ホール(山梨県甲府市寿町26-1) 

【宮城】2014年2月16日(日)14:00~
 エル・パーク仙台スタジオホール
(宮城県仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(仙台三越定禅寺通り館)6階)  

【千葉】2014年2月23日(日)14:00~
 千葉県南総文化ホール 小ホール(千葉県館山市北条746-1)   

入場料

無料


舞台観劇ご希望の方は下記より応募用紙をダウンロード、必要事項をご記入の上、それぞれ公演の4日前までにFAXでご応募ください。(※ミュージカル観劇のみをご希望の方は、ワークショップ欄は記入せずにお送りください。)

  • 指定の応募用紙ダウンロード
アカデミーブログ 稽古場レポートや座談会をお届けします
ミュージカル・アカデミー卒業生対談「わたしたちがミュージカル・アカデミーから得たこと」
ミュージカル・ワークショップ(無料)